リロの留守宅管理

| コメント(0) | トラックバック(0)

リロの留守宅管理についてご紹介いたします。


例年3月や4月は、転勤や入学などで移動する人が増えてる時期です。


すなわち生活の拠点を変えるとなれば、新たな入居先を見つけることと、いままで住んでいた留守宅をどうするのかということで、中々悩ましい問題を抱えることになります。


ともかく新しいところに転居しなくてはならないので、そこを探すのは時間的な制約もあり、エイヤーで決めてしまうしかありません。
そして、余程不満なところでなければ、3~5年は我慢することになります。


一方、いままでに住んでいた我が家の方ですが、とりあえず落ち着くまではそのまま放置して、少し余裕が出来てから、さてどうしたものかと考えるわけです。
つまり自宅を放りっぱなしには出来ない訳ですね・・・。


家というのは、空き家にして長い間放置しておくと、湿気が来て畳などにカビが生えるだけでなく、土台まで腐ってくるような心配になるものです。
住んでいてこそ、風も通し、日にも当てるので木造部分も安心なのです。


木造部分をじめじめした環境に長いこと置いておけば、場合によれば白アリの心配まで気になるかもしれません。


近くに身内がいて、ちょくちょく覗いてくれたり、雨戸をあけて風通しの便宜を図ってくれればいいのですが、定期的に頼むとなれば、それもなかなか大変です。
人が住んでいなくても埃がどんどん溜まってくるのは目に見えています。


そこでリロが考えたのは、留守宅の有効利用なのです。
家は使わなくても固定資産税などの税金がかかってきますし、ローンの残りがあれば、当然に支払いは付いて回ります。
家を維持するだけでも、何かとお金がかかるものです。


だから、急な転勤などの時には、自宅を放置したままでなく信頼できる入居者に貸し出すのがいいのです。


そうすれば、雨戸の開け閉めなどの管理の必要はありませんし、綺麗に掃除もしてもらえます。
また、当然ですが入居費をもらうことが出来るので、ローンの返済や生活費にまわすことも可能ですね。


リロの留守宅管理は、1984年に日本で初めて転勤者のための留守宅賃貸管理サービスとして始まりました。


そして、それ以降に数多くの実績を築いてきました。
今では、多くの安心できる法人企業との取引ルートがあるのです。


我が家を貸し出す以上、安心して任せられる人や企業でないと不安でたまりませんが、リロなら法人取引企業1万社の社員さんへの貸し出しとなるので安心です。


リロなら賃貸の期間は自由に設定できるだけでなく、急な帰任の場合にも3か月前の解約で対応が出来るのです。


これは、便利で安心できますね!
管理等の面倒なことは、一切リロがやってくれるので、そちらも安心です。


留守宅の管理なんて、本当に厄介で面倒なものですが、その点を解消してくれて、おまけに家賃が入って収益となるなんて、一石二鳥以上ですよ!


転勤などで自宅を放置するケースには、是非ともリロに資料請求をして、詳細を掴んで下さい。
あなたのご自宅にピッタリの良い管理方法が見つかることでしょう!


城南地区の戸建・土地専門。6000件以上掲載中!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://katuu.info/mtos/mt-tb.cgi/561

コメントする

無料 資料請求 情報

  • SEOブログパーツ
seo great banner