任意売却と競売の違い

| コメント(0) | トラックバック(0)

任意売却と競売の違いをご存じでしょうか?


任意売却は文字通り、任意で不動産等を売却することです
また、不動産を自分で売却出来ることです。
一方、競売は、これもそのままの意味で強制的に競争入札によって不動産等が売却されることです。


何処が違うのでしょうか?


任意売却は、不動産等の持ち主が自分の意思で売却することですが、競売の場合は、不動産に担保をつけている権利者が、少しでも担保分を回収したいと考えて売却することです。


競売は、他人の物を売るわけですから、その不動産に愛着も何もありません。
ただただ少しでも多く回収すればいいと願って売却します。
その場合には、時間的な余地は余りなく、殆どが二束三文でたたき売りです。


担保をつけている人たちは、仮に損をしてもその事実がハッキリとしているだけで、税制面では他で利益があれば控除できるなどのメリットが出てくるのです。


たたき売りされるのが嫌なら、何も競売になどかけなくても任意売却をすればいいじゃないかと思われるかもしれません。
しかし、出来ないことも多いのです。


不動産を売却するという事態の多くは、住宅ローンなどが支払えなくなったケースが多いのです。
つまり、もうローンを返せないから止むを得ずに売却して支払おうとするのです。
つまり、苦渋の選択ですね・・。


ところで、消費税もあがり景気が冷え込もうとしている昨今、一部の大手企業を除けば収入が増える見込みのない人が殆どなのです。
雇用不安の中、派遣労働やパート的な仕事ではローンを返済していくこともままならないのです。


さらに、持っている不動産の価値も急激に減少しています。
仮に2000万円で購入した不動産が1年以内に1000万円台の前半ということもざらでしょう。


生活が苦しくなって止むなく1000万円で売却しようとしても、ローンの残高が1800万円なら銀行は応じてくれません。
つまり、任意では売却できないのです。


それどころか、そんな話を銀行に持ち込めば、先に差し押さえが来るかもしれません。
差し押さえがなされれば任意売却など見込み薄です。


ともかく、そんな大変な事態にならないことがまず重要です。
しかし、万が一そういう状況に陥ればどうでしょう?
それは、素人が何とかできるレベルのことではないのです。


多くの金融機関やローン会社等は、その道のプロです。
プロに対抗するには、こちらも交渉のプロを雇うのが何よりの対抗手段です。
それが一番借金を少なくするための方法であり、ベストの選択になるのです。


金融機関やローンの保証会社と粘り強い交渉をして、新たな住宅ローンに借り換えたり、何とか任意売却できる様に交渉し、債務を大幅に削減するのです。


任売ナビは、任意売却等のその道のプロです。
任売ナビには、借り換え斡旋会社や、不動産会社、法律事務所との確かなネットワークがあります。
だから安心でき、安心して任せられるのです。


お任せ任売ナビ


仮にも銀行やローン会社から督促状や催告書が届いたり、期限の利益が無くなったという書類が来たり、担保不動産競売開始決定の書類が裁判所からきたら、まず慌てずに任売ナビに相談しましょう。


というのは競売開始決定通知と実際の競売とにはタイムラグがあるのです。


ともかく慌てずに、専門家に相談するのが第一です。
24時間無料相談対応が出来ます!


あなたの大切な財産を、あなたのために最大に活用するのが何より大切なのです。
また、そうすべきなのです!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://katuu.info/mtos/mt-tb.cgi/621

コメントする

無料 資料請求 情報

  • SEOブログパーツ
seo great banner